神輿祭り

 

 

こんにちは、Happy Lifeです。

 

 

私の地元近くでは、

今日~明日にかけて、お神輿祭りが開催されています。

残念ながら私は業務があるので参加できませんが、

お勤め終わりに、露店を出している知り合いに少し顔を見せようかと思っています。

また、お休みの方は昼間から、ビール片手に神輿担ぎを見ながらお祭り気分を味わっていることと思いますが、

その姿を想像するだけでも楽しそうですね。羨ましくもありますが笑

 

 

さて、タイでは、

17~19日までが祝日となります(その為、土日がお休みの方はちょっとした長期休暇ということになります)。

 

19日(火)は、三宝節(アーサーラハブーチャー)という仏教の祝日。

20日(水)は、入安居(カオパンサー)という、これも仏教の祝日。

 

そして18日(月)ですが、この日は特に意味や由来があっての祝日ではありません。

ですが、飛び石連休となってしまうため、政府が観光促進のためにと特別休日に指定しました。

そういった理由で18日もお休みに入るのですが、

自国民及び他国民両方のことを想っての配慮なのかと思うと、

タイ人というのは本当に優しい方ばかりなんだなと感じさせられます。

「世界一有給を使わない国」と称される日本も、

たまには海外のこういった姿勢を見習ってゆっくり過ごすのもいいんじゃないですかね?笑

 

 

・・・なんて冗談はさておき、

19、20日は仏教祝日であるため、原則として、

酒類の販売が禁止となります。

 

 

!?!?!?!?!?

 

・・・と思われた方もいるかと思います。

実際私も、初めてこの制度を知った時は何かの間違えかと思いました。苦笑

 

 

では、じゃあなんで仏教祝日のときはお酒の販売はダメなの?って話になりますが、

18日及び19日は、仏教においての重要な祭典日と位置づけされており、

そういった日にはお酒を禁止するという志向があるようです。

 

ただし、あくまで酒類の「販売」が禁止ということで、

自宅やプライベートな空間等でお酒を飲むことまでは規制されていないそうです。

せっかくのお休みなのにお酒が飲めない、ということではないようで安心しました。

まぁ、販売行為自体が禁止されているので、

公の場に持ち込んでお祭り気分でアルコールを摂取するのはさすがにあまりよろしくないとは思いますが・・・。

 

 

これからますます暑くなり、お酒の美味しい季節になりますが、

夏バテ対策だけはしっかりと。

それでは、この辺で。