こんにちは、Happy Lifeです。

 

気温も、昼間こそまだまだ暖かい日もありますが、

夜はかなり冷え込むようになってきました。

日中が暑いからといって薄着で出掛けるのは心もとないですね。

特に今は季節の変わり目で風邪なんかにもかかりやすい時期ですので、

体調管理は怠らないようにしてください。

 

 

さて、先日、

タイでは悲しいニュースがありました。

日本でも一部では取り上げられていたりするのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

今月の13日に、現タイ国王であったプミポン・アドゥンヤデート(ラーマ9世)国王が死去されました。

 

こちらのプミポン国王といえば、世界最長の在位としても世界中に幅広く知られていたほどの有名な国王様だったのですが、

それだけの長期にわたってタイを背負ってきた国の象徴とも言われる人物が亡くなったのですから、

タイ国民の悲しみといったら、ひとくくりに考えられるようなものではないと思います。

 

また、それに纏わり、

首都バンコクでは、国民の全てと言っても過言ではない人数の方たちが、

喪服に近い服装(黒い服等)を身にまとって街を行動しています。

プミポン国王への弔意を表しているのですね。

さらにタイの政府職員の方においては、1年間色のついた服の着用を禁じている程です。

 

詳しい国民性を知らない私たちからしたら「そんな大げさにしなくても・・・」と思うかもしれませんが、

それ程までに、タイの方たちの国王を敬う気持ちや、

強い愛国心が伝わってきますね。

 

余談になりますが、

私が大好きなスポーツであるサッカーにおいても今回の訃報が影響しているようで、

近日行われるW杯最終予選の、タイvsオーストラリア戦においては、

応援行為を全面的に禁止にするんだとか。

確かに気持ちはわかりますが、

応援合戦のないスポーツの試合っていうのはあまり想像したくないですね。苦笑

 

 

それでは、この辺で。

 

最後に、

亡くなられたプミポン国王へのご冥福をお祈り申し上げます。